ローコストでエコな家を作る。それらのメリットを活かす。

理想の住宅を手に入れるため必要な知識を身につける

トラブル対策

現場で発生したトラブルを解決する際の注意点

注文住宅を建築する際には図面ではわからなかった問題というのが工事中に発生することも珍しくありません。もちろん図面を製図した段階で何人かの人間が携わるので設計する段階でこうした問題点に気づき、対応できていれば言うことはありません。しかしどんなに経験豊富な担当者や現場監督でも注文住宅において全く同じ住宅というのは二つとしてないので気づけないこともあるのです。もちろん経験を積むことで似たような物件の経験をすることができるのでより多くの細かな配慮が可能といえます。 こうした現場で発生したトラブルや問題点を解決する際に現場で打ち合わせを行うことも少なくありません。その際にも打ち合わせ記録簿などの書面としてきちんと残すことが重要です。

現場監督の業務内容を知って正しい管理をしてもらおう

現場を進めていくうえで図面だけを見て現場が完成するという現場はほぼありません。注文住宅の建築においては複数の関係業者が出はいりして一つの住宅が完成するのです。業者間でおさめ方の相談や段取りの打ち合わせを行う必要があります。こうした段取りを組んだり業者を手配するのが現場監督の仕事です。もちろん現場が図面通りに設計されているのかを確認するという業務も重要なものです。しかし注文住宅を提供する建築会社の現場監督は同時に複数県の工事現場を掛け持ちして管理していることも少なくありません。受注額が高額になれば専任にする必要があります。とはいえローコスト住宅ではまず専任になることはありません。現場監督は現場に常駐しているイメージを持つ人も多いのですが住宅建築において現場監督は現場よりも事務所にいる時間のほうが長いのです。

Copyright© 2015 ローコストでエコな家を作る。それらのメリットを活かす。All Rights Reserved.