ローコストでエコな家を作る。それらのメリットを活かす。

理想の住宅を手に入れるため必要な知識を身につける

土地を活用する

土地を有効に活用する裏ワザとは

一戸建て住宅を新築する場合でも、大都市中心部という立地条件は非常に魅力的である。しかし価格が割高なエリアが多いので、狭小地をフルに生かすテクニックが求められるであろう。そのためには注文住宅を活用したり、狭小地向けの三階建ての建築プランを選ぶのが鉄則である。そして建ぺい率や容積率をフルに生かして建物を建てることで、土地の価値を最大限に有効活用できるであろう。また建物を建築する場合には、屋上スペースを有効に活用するのがポイントである。大都市中心部でも屋上部分は日当たり良好なので、洗濯物を干したり園芸を楽しむのに最適であろう。また地下室も設置することで、書斎や趣味が楽しめるスペースとして利用できるであろう。

大都市中心部の宅地の平均的な取引価格

大都市中心部の土地は住宅建設以外にも、オフィスビルやマンションの建設にも最適である。したがって需要がとても大きいので、土地価格は全般的に上昇傾向である。したがって坪当たりの土地価格が300万円以上が平均であり、500万円を大きく上回る地域も多いであろう。しかし中心部の土地であっても、エリアや最寄り駅によって価格が大きく異なるのが特徴的である。特に駅から10分以上離れたエリアに着目することで、坪当たり200万円以内の宅地を見つけることが可能である。そのような低価格の宅地を活用することで、5000万円以内の予算で大都市中心部に自宅を構えることも可能である。そのためにマンションよりも快適な住まいを手に入れることができるであろう。

Copyright© 2015 ローコストでエコな家を作る。それらのメリットを活かす。All Rights Reserved.